トップページ

ヘルス・マネジメント・クリニックのホームページへようこそ。

「当院における新型コロナウイルス感染対策」

当院では、次亜塩素酸 空間除菌脱臭機によるウィルス除去対策を行っています

また、濃厚接触を避けるため、ご受診者の診療時間が極力重ならないように予約調整をしています。

オーソモレキュラー栄養療法を活用した新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス感染対策

新型コロナウイルス感染予防には、インフルエンザワクチン予防接種のような確立した予防策は現時点では見当たりません。

ただし、新型コロナウイルスが社会に多大な影響を与える事態となるなかで、マスク着用・うがい・手洗いといった基本的な予防策に加えて、ウイルス性呼吸器感染に効果があると考えられている対処法をとることが現時点での具体的な対応策であると考えられます。

当院では、全国500以上のクリニックが参画している栄養療法の研究会である「点滴療法研究会」が取りまとめた免疫力を高めるサプリメントや高濃度ビタミンC点滴を活用する対処法に基づいて、予防に向けた対応策をご提供しています。

具体的には、我々が本来的に有している免疫機能・粘膜のバリア機能の強化・抗菌タンパクの分泌促進を目的として、

(1)ビタミンC製剤(医薬品)

(2)サプリメントとして、ビタミンD、マグネシウム、亜鉛、セレン

を処方するほか、血中ビタミンC濃度を迅速に増加させるために、ビタミンC+ビタミンB群/ミネラル点滴(マイヤーズ・カクテル)をご用意しています。 なお、初回処方時には、血清25OHビタミンD及び血清亜鉛濃度の測定をお勧めしています。

なお、当院は栄養療法・予防医学・アンチエイジングを対象とした自由診療クリニックです(保険診療は行っていません)。コロナウイルス感染検査及び感染後の治療対応は行っていないことをご了解願います(感染症専門医療機関をご受診ください)。

 

コロナウイルス感染対策として留意するべき栄養素のポイント

国際オーソモレキュラー医学会(ISOM)より

 

 

 

 

 

アンチエイジング・予防医学・分子レベルでの栄養療法(オーソモレキュラー栄養療法)をもっと身近に!
当院が大切にする3つのコンセプト

  • 安全で最新の医学的知見に基づくアンチエイジング・予防医学・栄養療法(低身長・AGA治療を含む)
  • 繰り返しご利用いただきやすい価格帯
  • ホスピタリティ・マインドのあるカウンセリング

A. 安全で最新の医学的知見に基づく診療メニュー                

・日本総合健診医学会、日本抗加齢学会、点滴療法研究会、各種学会ガイドライン等で実践・検証された診療メニューを採用       

・処方する医薬品・サプリメントは国内で製造・認可されているものを採用(例外的に輸入品を活用する場合は、採用理由につきご説明し、ご同意をいただいた場合にのみ利用)                                               

・東海大学医学部基盤診療系健康管理学に所属して大学病院での診療も担当し、学会発表も行っている医師によるカウンセリングをご提供

B. 繰り返しご利用いただけきやすい価格

・アンチエイジング・栄養療法は1回だけではなく、継続受診が大切。そのためには価格も重要な要素です。     

・診療の質に影響を与えない事項については、過剰になりがちな設備投資を控えることにより、リーズナブルな価格を実現。検査は定評のある外部資源を活用しています(血液検査は日本有数の検査会社SRL、画像検査は連携医療機関である東海大学医学付属東京病院)。

C. ホスピタリティ・マインドのあるカウンセリング

・当院の院長は元ホテルマン(ホテル運営会社での勤務歴があり、ホテルや旅館の経営コンサルティングにも従事)。5つ星のホテル・旅館が心地良い時間を顧客に過ごしていただけるよう「おもてなし」をするのと同様に、受診者ごとに異なる健康上のお悩みの解消や「明日も楽しく健やかに過ごしたい」との思いを実現するための基盤となる健康マネジメントについて、じっくりと時間をかけたコミュニケーションを通してサポートいたします。


公的医療保険(健康保険)ではカバーすることのできない医療領域があります。

当院はアンチエイジング、予防医学、低身長治療など、最新の医学的知見を応用することができる領域でありながら、公的医療保険の枠組みからは外れているために一部の限られた方々にしか活用されていない領域を対象とした自由診療のクリニックです(健康保険は取り扱っておりません)。

効能が明確である医薬品(各種ビタミン、鉄、EPA製剤、骨粗鬆治療薬など)や玉石混交の状態で流通しているサプリメントから厳選したものを活用する栄養療法を治療の主軸として、アンチエイジング、予防医学、低身長治療、AGA治療に対して具体的なソリューションをご提供いたします。

公的医療保険では、国が「病気」と定義する状態にならない限りは、保険の適用される治療対象とはなりません。誰もが望まない「病気」になってしまった場合に、その個人を社会全体で扶助しようというのが公的医療保険の社会的使命であり、限られた財政状況の中で公正な対応をするためには公的医療保険の対象となる「病気」の定義が厳しく定められているのはやむを得ないことであります。

そのため、そもそも「病気」になる前の段階で予防をしたい、あるいは「病気」と定義されるような状態ではないけれども、その状態を改善させたいという要望には公的医療保険は応えることができません。しかしながら、健康保険制度の枠外で物事を捉え直すと、 現在の進化した医療技術を活用することにより、健康維持・改善にかかわる多くのニーズに対して具体的なソリューションを提供することが可能です。

当院では公的医療保険では解決することのできないニーズに対して、最新の医療的知見をご提供することを目指して運営を行っています。


当院の特徴

  • 採血データをはじめとする客観的なデータに基づく栄養解析を行い、受診者の健康面での課題に対して個々のライフスタイルに則したテーラーメイド型の治療計画をご提示。
  • 大学病院の健診センターでの診療を担当している医師による充実したカウンセリング。
  • 日本総合健診医学会や日本抗加齢学会での最新の医学的知見を反映した医療をご提供。